with Pianoのピアノレッスンとは…


ピアノを弾けること、生活の中に音楽があるというのは素敵なことです。

with Pianoでは、ひとりの生徒さんとじっくり向き合えるマンツーマンレッスンを行っています。使用する教材や楽譜も、お一人お一人に合ったものを選んで進めていきます。

お子さんへのレッスンでは、ピアノってどんな楽器なのかという事からはじまり、楽譜の読み方、手の使い方などについて、身につくまで丁寧に説明を繰り返します。また、歌ったり手でリズムを叩いたりしながら音感やリズム感も養っていきます。

大人の方のレッスンは「ピアノが好き!」「憧れの曲にチャレンジしたい」など、生徒さん自身のお気持ちや要望などに沿って一緒にレッスンを組み立てていくようにしています。

 

ピアノに対する思いは人それぞれ。

お子さんにピアノをやらせてあげたい方も、趣味で好きな曲が弾けるようになりたい方も、お仕事でピアノを弾かなければいけないという方も、自分ひとりでは始めるのも練習するのも難しい…。でも、誰かと一緒になら頑張れると思うのです。

with Pianoで私と一緒にピアノとのお付き合いをはじめましょう!

 

講師より


with Pianoでは、「教室」の代わりに「レッスンルーム」と呼ぶことにしています。

実態はピアノ教室であっても、学校や塾とは違います。学ぶというよりも、全身で感じて楽しんでもらいたい…それがピアノ講師としての私の願いです。

レッスンルームは、右京区常盤と下京区河原町にあります。

レッスンルームの様子やレッスンの雰囲気を知って頂くため、体験レッスンを無料で実施しています。是非お問い合わせください。

Topic



with Piano Concert2018

昨年と同じく9月23日(日)、旭堂さんのサンホールをお借りして、第2回with Pianoコンサートを開催しました♪

今回は、ソロ18名、連弾8組と盛りだくさん!初めての人も、2回目以上の人も、それぞれに一生懸命な素敵な演奏をしてくれました。

発表会では、普段のレッスンの中で練習しているものよりレベルが上の曲にチャレンジしてもらうことにしています。

ちょっと背伸びしなきゃいけない…という事ですね。そのため、壁にぶつかったように感じて、悩んだり落ち込んだりする事になります。練習時間を増やせば良いのか、練習方法を工夫しなきゃいけないのか、色々考えて試行錯誤しながらピアノに向き合います。

その時間と経験というのはとても大事で有意義だと思います。あきらめずに辛抱強く頑張れば、去年はブルグミュラーを弾いていたお子さんが、1年後にはソナチネを披露できるようになるのですから。

そして、演奏し終えた後の生徒さん達の晴れやかな笑顔は、私にとって最高のご褒美です。

今年もありがとうございました!

                                    ※「講師紹介」の演奏会記録ページに発表会の演奏曲目を掲載しています※


with Piano Concert2017

9月23日(土)旭堂楽器店サンホールにて、ピアノ発表会が無事終了しました!

今回とうとう、念願だったwith Pianoの生徒さんだけでの単独コンサートが実現し、本当に感無量です。。

出演者15名。ソロ演奏だけでなく、お母さんやご姉弟、お友達同士などで2人組をつくってもらい、連弾にもチャレンジしてもらいました。

リハーサルで上手くいかなかった人も、本番では不安を見事に払拭して、素晴らしい演奏をしてくれました♪

長い人は半年近い時間をかけて一つの曲に取り組んできましたね。たくさん怒られた人も、演奏前に怖くて泣いてしまったり、顔が引きつっていた人も、最後は笑顔で集合写真を撮れました。

皆が一丸となって、力を合わせて作り上げたコンサートになりました。生徒さん達、そして応援に来て下さったご家族やご友人の皆様に感謝です。本当にありがとうございました。そして、お疲れ様でした!

   


2016年度 ピアノ発表会♪

4月16日(土)、またまた京都堀川音楽高等学校のホールをお借りしての発表会!

今回with Pianoの生徒さんの出演は3人でした。

元気に精一杯演奏してくれて、「ピアノ講師をしていいてよかったな~」と思わせてもらいました。本当にありがとうございます♪

さて、次の発表会ではどんな曲が弾けるようになってくれているでしょうか…


2015年度 ピアノ発表会♪

2015年6月14日(日) 京都堀川音楽高校のホールを借りて発表会を開催しました♪

友人のピアノ教室との合同だったため、出演者はなんと50人!!習いはじめて間もないお子さんから、仕事の合間をぬって練習してくれた社会人生徒さんまでがパワー全開でがんばってくれました。ソロだけでなく、映画「アナと雪の女王」や「ドレミのうた」の合奏…全部すばらしかったです。